今日から始められるウォーキング講座

間違ったウォーキング

ウォーキングというのは適切な歩き方ができて初めて成果を出すことができますが、正しくないウォーキング方法では効果を実感することは出来ません。

 

もっと悪いことには健康になりたくて始めたウォーキングが、かえって膝や腰などを悪くしてしまうことにもなりかねません。

 

あなたのウォーキング方法が正しいか正しくないか、きちっと見直すことが大事です。

 

良くないウォーキング方法を行っている方というのは、第一に姿勢がよくありません。

 

身体が前に傾いていたり、不自然に体が反った姿勢でウォーキングをし続けると腰に無理がいき腰痛になってしまうことになります。

 

次に膝ですが、可能な限りまっすぐにした状態でウォーキングするようにしましょう。

 

姿勢に気を付け膝をまっすぐに伸ばして歩く、たったこれだけのことでもウォーキングの効果を出すことが出来ます。

 

可能ならば、生活する時でもこのような歩き方を実践するようにしましょう。

 

ウォーキングで使われる筋肉というのは、主としてお腹と太ももの筋肉だそうです。

 

ウォーキングの時には、おへその下にぐっと力を込めてお腹を凹ませるような感覚で歩くようにしましょう。

 

そのようにすれば、お腹を細くする効果も現れることでしょう。

 

正しくないウォーキングというのは、このお腹と太ももの筋肉が正い方法で使われてないということなのです。

 

姿勢が崩れ、骨盤もズレてしまうこともあります。

 

そのようなことにならないように、再度自分のフォームを確認して正しいウォーキングを意識するようにしましょう。

間違ったウォーキング関連エントリー


ウォーキングを早速今日から始めるための講座です

Copyright (C) 2010 今日から始められるウォーキング講座 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

間違ったウォーキング